Cherubim weblog

<< the Juana Molina | main | Patti Austin - End of a Rainbow >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - | | - | - | スポンサードリンク ]

iPadと電子書籍
先日ようやく iPad を手にする事が出来ました。日本で iPad が5月末に発売されてから、だいぶ時間が経過しましたが、個人的に興味がある iBook Store では、いまだに日本語の商品を購入出来ない状況が続いています。

この『電子書籍』という物は以前から存在していて、僕は15年ほど前に VOYAGER社の Michael Crichton氏著『Jurassic Park』という、HyperCard を利用した電子書籍をドキドキしながら読んでいました。その他には『青空文庫』からコンテンツをダウンロードし、Palm PDA で読んでいたりもしました。その後 Multimedia という言葉が爆発的に普及した際、CD-ROM Magazine が生まれ、動的なコンテンツが目につく様になり、それが Internet という流れにつながり、読み物としての存在よりも、奇抜なインタラクションや、ヴィジュアライズされた物が増えて行きました。その流れを考えると、純粋な読み物の資質が残っているのは、ケイタイ小説のように感じています。

その電子書籍が、Kindle や iPad によって変わろうとしています。特に iPad では iBooks という電子書籍リーダーが、出版にまつわる業者の中で、『脅威』と『期待』の目で見られています。これは音楽業界にとっての、iTunes Music store と同じく、通例の物流から離れた販路となり、大手ではなくとも音楽出版が行える事が、市場を乱すという考え or 活性化させるという期待。これと同じ状況だと思います。

ただ、現時点の iBooks は、あまり脅威的な存在ではありません。理由として、まだまだ熟していない物だからです。iBooks では、電子書籍フォーマットとして、ePUB というフォーマットと PDF が対応対応していて、それらのフォーマットは、下記の理由でグラフィックデザイナーにとって、魅力的には感じない欠点が残されています。
 ・ePUB → 文字の簡易的な級数指定は出来るが、細かなレイアウトやフォント指定(埋め込み)などが制御出来ない
 ・PDF → レイアウトやフォント指定が出来、ムービーの埋め込みが可能(だが、ムービーには Flash Player が必要なので iPad では再現出来ません)

先日発売された、Adobe InDesign CS5 では、ePUB の書き出しが標準搭載され、今夏末には、Adobe社が InDesign CS5 による iPad向け電子雑誌生成ツール『Digital Content Bundler(仮)』を、Adobe Labs にて提供する予定となっているようです。
 → Adobe – ADOBE DESIGN MAGAZINE/デジタルマガジンの制作
 → ADOBE TV – EPISODE: INTRODUCING THE ADOBE DIGITAL MAGAZINE WORKFLOW

現在『Digital Content Bundler』ツールを利用した電子書籍のサンプルは、iTunes Store において、WIRED Magazine(1 ISSUEが無料で閲覧出来ます)がダウンロード出来ます。この WIRED Magazine で表現されている事は、その『Digital Content Bundler』を使用する事で、ほぼ同じ表現が可能と予想されます。この WIRED Magazine は、WIRED を所有する Conde Nast Digital社と、Adobe社が共同で開発ているようです。ワークフロー(制作の流れ)は、『InDesign CS5』から書き出したレイアウトファイルを『Digital Content Bundler(仮)』というソフト(プラットホーム)によって『.issue』フォーマットのファイルを生成し、『Digital Content Viewer(仮)』によって閲覧する、という流れです。例えるならば『Digital Content Bundler』は、Adobe Acrobat Professional のようなものと考えられます。ようは複数のページファイルを製本させる機能が主となっています。

ちなみに、InDesign CS5 では、既にレイアウトしている物に対して、ムービーの埋め込みやスライドショーの機能の指定が行える様になっているので、試してみる事を勧める。ようは現在、その『生成ツール』『閲覧ソフト』待ちの状態です。
 → YouTube/Creating an iBook (ePUB) for iPad with InDesign CS5
 → ADOBE TV – EPISODE: INTERACTIVE DOCUMENTS IN INDESIGN CS5

グラフィックデザイナーとして、「レイアウトが崩れない」「フォントを指定出来る」という部分は、とても重要なカギになっています。そのあたりが解消し、日本語の対応がされた場合、普及がかなり加速すると思っていますし、とても楽しみにしています。
[ Design | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | cherubim ]

スポンサーサイト
[ - | 13:03 | - | - | スポンサードリンク ]

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cherubim.jugem.cc/trackback/1170
トラックバック
CURRENT MOON
lunar phases

Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

English here
Links
Favorite weblog
Recommend
Recommend
Selected entries
Categories
Archives
Recent comment
Recent trackback
Profile