Cherubim weblog

<< Dear Mr. Steven Paul Jobs | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - | | - | - | スポンサードリンク ]

RGBとCMYK


写真の印刷を行う際、Red・Green・Blue の光の3原色から、Cyan(藍(水色系))・Magenta(赤(ピンク系))・Yellow(黄)・Black(炭)の4色に落とし込み、印刷されます。この理由についてはウェブ上で検索すると沢山出てきますので割愛いたしますが、色のダイナミックレンジはRGBの方が大きく、写真の紙焼きはRGBに近い発色を再現出来ます。それに近い仕上がりが、一般的にはインクジェットプリンターで出力されたものです。特にフォトグラファーの方が使用されているプリンターは印刷するインクの数が10色だったりしますので、ダイナミックレンジを大きく取る事が出来るのです。しかし通常のCMYKの4色印刷では、このダイナミックレンジが再現出来ない為、写真の色調によっては色がくすんでしまいます。そこでヴィヴィッドな色を再現出来るようにする為、CMYK各色のインクを見直す事で、4色でもかなり近づける事が可能になっています。DNPでは『パナマックス』、凸版では『カレイド』と呼ばれるインクがそれになります。ただ、一般の人がこれで印刷された仕上がりを目にしても、普通のカラー印刷物に見えてしまうかもしれませんが、実際にはかなり違う仕上がりになっています。「だったら最初からこのインクを基本的なインクにすれば良いのでは?」という疑問がありますが、刷り出しに立ち会った際、色出し調整にかなり癖がある事が分かりました。気持ち濃度を変更しただけで、出てくる色が豪快に変わったり、かといってあまり効果のない場合もありました。また、写真原稿の色分解にも癖がある為、最終の仕上がりまでを見越していないと、まともに色出しが出来ないのが現状だと感じました。これらがこなれ始め、Adobe Illustrator や Photoshop などでシミュレーション出来るようになると、変わってくるのだと思います。また、高色域インクの他にも、6色印刷などでの高色域再現の手法は増えてきています。
[ Design | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) | cherubim ]

スポンサーサイト
[ - | 11:52 | - | - | スポンサードリンク ]

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cherubim.jugem.cc/trackback/1189
トラックバック
CURRENT MOON
lunar phases

Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

English here
Links
Favorite weblog
Recommend
Recommend
Selected entries
Categories
Archives
Recent comment
Recent trackback
Profile