Cherubim weblog

<< George Benson | main | 汚れてます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - | | - | - | スポンサードリンク ]

Gore
不都合な真実
先ほどまで放送されていた、ゴア元米国副大統領が出演しているTBSの特別番組『地球破壊』を見ていました。CO2の量がアメリカと中国だけで、世界の3分の1をしめているのにはびっくりしました。実は先日妻から教えてもらったのですが、ゴア氏の映画『不都合な真実』がもうじき日本でも上映されるそうです。僕からするとゴア氏といえば先日社名を変更した Apple Inc. の取締役だったり、情報スーパーハイウェイ構想に携わったりした人。ブッシュ現米国大統領と大統領選を競った人物。というイメージしかありませんでした。そのゴア氏が環境問題に関してアメリカで活動を行っています。それを基本とした映画が『不都合な真実』です。映画は日本テトラパック株式会社のサポートで公開中の日曜日は500円で鑑賞する事が出来るそうです。番組中ゴア氏が提案していた「小さな事をコツコツと…」という言葉が染み入りました。まず家は電球を蛍光灯に切り替える事に決めました。その他の物を選ぶ上でエコ値(製造から廃棄までの間に生まれる公害の量)が少ない物がわかる表があるといいなぁ。。

不都合な真実
[ Book | 00:12 | comments(9) | trackbacks(1) | cherubim ]

スポンサーサイト
[ - | 00:12 | - | - | スポンサードリンク ]

コメント
おひさしぶりです。

こういった今のゴアさんの活動、そして散々なイラク情勢を見ていると、
アメリカはこんな人を大統領にしそこなって、本当に惜しいことをしたなぁ、と
思ってしまいます。

映画はしばらく観に行ってないけど、
これは無理してでも観に行く価値はありそうです。
| Gaku | 2007/01/17 1:29 AM |
Gakuちゃん お久しぶりです!
たぶん一時期アメリカで生活した事がある人からの目線は、より特別なものだと思います。でも昨日僕もテレビを見ていて「なんであの時に選ばれなかったんだろう…」と口から出ていました。でもゴア氏がこういう活動を大々的に進めるきっかけになっているようにも思います。
映画を見終えて、良ければGakuちゃんの感想も聞かせてください。
| Cherubim | 2007/01/17 11:03 AM |
おお、ウチでもちょうど見てました。
私もこの映画は見ることに決めました。いくぞ〜、日曜の六本木!
| すみれ | 2007/01/17 6:08 PM |
おおー、私もDVDで観ました、「不都合な真実」。

極で氷が解ける早さっていったら、信じられないスピードですよね!
このまま仮定グラフ通りに事が進んでしまったら…と思うと空恐ろしくなります。

資源の少ない日本に比べ、北米の人は贅沢に何でも使います。
特にカナダは水が豊富にある上人口が少ないので、水電力をアメリカに輸出している程。
例として、暖房設備はセントラルヒーティングシステム。真冬でも家の隅々まで暖まめてしまうし、冷たい水なら出しっぱなしで歯を磨く…何て事、地元では当たり前なんですよ〜。

こちらは「車社会」&「使い捨て文化」が根付いています。
本当、政府や企業が進んで資源の節約をしたり、良いアイデアで改善を努める他、一人一人がかなり努力しないと環境は良くならない気がします。

因に私もDVD観賞してから、なるべく車を使わず歩くようにしたり、電球を蛍光に替えたり、リサイクルをもっと細かく分けたりしています。(笑)
| きょーこ | 2007/01/18 2:40 AM |
すみれちゃん こんにちは

おぉ〜、同じTVプログラム、見ていたんだね!映画を観て語りましょう!


きょーこさん どーもー!!

なるほど!すでにそちらではDVDがあるのですね。この映画はカナダではどのような映画として見られているのでしょうか?マイケルムーア氏の映画のようなカテゴリーとなっているのかな?

いまの日本もきっと北米の人とかわらない程に贅沢になっていると思います。僕でさえゴミ回収の時、道ばたに出ているゴミの量はびっくりします。


ペットボトルを使わずに済むよう水筒を持ち歩こうかな?とか、電池をサンヨーのeneloop(http://www.sanyo.co.jp/eneloop/)に切り替えようかな?とか…

ちょっとした事で変わってくるのだと思います。僕はこういう事は疎い方だと自分で思っているので、
これをご覧になった方で良いアイデアやアドヴァイスがあれば教えてください!
よろしくお願い致します!
| Cherubim | 2007/01/18 1:31 PM |
こんにちは!
上の方も書かれているとおり、地球規模での最大の課題は温暖化に対するカナダやアメリカ等の(人口あたりの)消費大国とBRICsの対応だと思います。
特に、カナダの現政権であるブッシュ追随の保守党によって、京都議定書の遂行が困難(ほぼ不可能)になっているのが現状です。

僕たちができるのは、ほんとうに身近なことですが、それが一番確実で重要なことだと思います。
(それですら、消費や企業のもくろみの対象になったりする場合もありますが…)

一般には出回っていない面白い資料があるので、お見せします。
今度お会いした時に色々とお話しできると嬉しいです。
| laddario | 2007/01/22 5:01 PM |
laddarioくん お疲れさま!(笑)
以前laddarioくんから話を聞いた際は「まだ大丈夫だよね〜」とのんきな気分だったのですが、この現状を知ってしまったら後戻りは出来ない事が、冷や汗を伴って理解出来ました。あの時はごめんね〜。すでにブッシュ政権もガタガタになっているように見えるのですが、政権交代の間際に何か変な事をやりそうな気分もするのでちょっと怖い。。
| Cherubim | 2007/01/22 5:20 PM |
映画見ましたよ!ここまで深刻とは思いませんでした。。京都で自転車に乗るようになっていろんな事に気づく様になりました。これもエコ活動の付加価値かなと思ってます!
| atsundo | 2007/01/27 2:43 AM |
atsundoくん
見たんだね〜。atsundoくんのブログでも取り上げているので「もしかしたら…」と思っていました。
京都という街並みで自転車に乗っていると、色々と気がつく事も多いと思います。いかに昔の人はエコな暮らしをしていたか。そして現代の街並みに、沢山の情報がひしめいているという事。僕も東京を自転車で移動していると、沢山の事に気づきます。(美味しいそうなお店とか…笑)付加価値はでかいね〜
| Cherubim | 2007/01/27 1:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cherubim.jugem.cc/trackback/808
トラックバック
不都合な真実
写真中央 アル・ゴア氏と、制作に当たったスタッフ 本年度アカデミー賞の有力候補と言われるドキュメンタリー。 元・米副大統領アル・ゴアの地球温暖化問題に関する講演と、そこで明かされる衝撃の真実を映し出す。
| ショウビズ インフォメーション | 2007/01/18 8:30 PM |
CURRENT MOON
lunar phases

Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

English here
Links
Favorite weblog
Recommend
Recommend
Selected entries
Categories
Archives
Recent comment
Recent trackback
Profile